黒汁の基礎知識

黒汁(KUROJIRU)口コミ|妊娠中(授乳中)に飲んでも大丈夫?薬と併用するのは?

更新日:

黒汁(KUROJIRU)は口コミでも効果的!という声が多いですよね♪

でも妊娠中(授乳中)に飲んでも大丈夫?薬との併用は?‥なんて場面に出くわすこともあるはず。

そこでそんな場面でも飲んでいいのか詳しくお伝えしていきます。

黒汁(KUROJIRU)は妊娠中に飲んでも大丈夫?

黒汁(kuroijiru)口コミ

まず結論からいえば、妊娠中に飲むことを公式サイトではおすすめしていません。

理由は、妊娠中の女性の身体はとてもデリケートで、かつ赤ちゃんが育っている時期。

この時期にクレンズダイエットをしてしまうと、ママの身体もお腹の赤ちゃんも、栄養が足りずに悲鳴を上げてしまいます。

なので、妊娠中はダイエットを重視せず、ママになる準備として体調を整えることに専念しましょう。

 

しかし、妊娠中は便秘になりがち。そういったときに飲むと良いと思います。

本来の飲み方は1日3食のどこかを置き換えること。

妊娠中は、置き換えることは決してせずに、1日3食しっかり食べる+黒汁(KUROJIRU)を飲む、で身体の中からクレンズされます。

 

自体は植物由来成分から出来ていますので、身体への影響はありませんし、もちろん赤ちゃんへも影響はありません。

ダイエットを意識した飲み方は、出産し授乳を終えたあとからにしましょう!

 

黒汁(KUROJIRU)を授乳中に飲むと赤ちゃんに影響がある?

黒汁(kuroijiru)口コミ

黒汁(KUROJIRU)を授乳中に飲んでもよいのか、赤ちゃんに影響はないのかと心配な方は多いでしょう。

特に産後は、体型が崩れがち。妊娠前の体型に戻すのに苦労される方が多いです。

そんなときこそ出番、と言いたいところですが、公式サイトでは積極的におすすめしていません。

 

理由は、授乳中こそしっかりとした栄養をとってほしいからです。妊娠前と違って、自分の身体だけを考えればよいわけではありません。

でも、視点を変えると、授乳中に飲むのもありです。それは、食事を置き換える目的ではなく、体調を整えるという飲み方。

3食きっちり摂った上で追加するのです。

 

元々、成分は植物由来なので基本体に害のあるものではありません。

なので、母乳を介して赤ちゃんへ何か悪影響があるのではと心配になる必要はないです。

授乳中は1食1食を大事に、しっかりと3食食べて栄養をたっぷりと取ってその上で飲むのです。

クレンズダイエットの「ダイエット」という言葉をなしにします。

体をクレンズする目的で飲むのはありありです。

 

黒汁(KUROJIRU)を薬と併用するのはOK?

黒汁(kuroijiru)口コミ

黒汁(KUROJIRU)と薬の併用ですが、薬の内容によっては併用に注意が必要なものがあります。

例えば、ワーファリンを飲んでいる方。ワーファリンは、ビタミンKを含む食品との相性が良くなく、薬の効果を弱めてしまいます。

ビタミンKは、特に納豆、クロレラ、青汁、モロヘイヤに含まれています。

 

含まれている成分表記を確認すると、モロヘイヤがしっかりと書かれていました。

他にも、青汁の成分となる大麦若葉やケールも含まれています。

世の中には数多くの薬があり、薬によっては併用禁止や併用注意の植物や食品が存在します。

 

実に250種類以上の植物由来の成分が含まれています。

これらの全てと、今飲んでいる薬の相性が合うか合わないかを調べるのは大変です。

普段の生活で、病院で処方された薬がない方は安心して飲むことはできます。

しかし、もし何かひとつでも処方されている薬を定期的に内服している方が試す場合は、事前に医師か薬剤師に相談したほうがよいですね♪

 

36歳主婦が実際に試してみた黒汁(kuroijiru)口コミをチェック♪

 

-黒汁の基礎知識
-

Copyright© 黒汁(kuroijiru)の口コミ!マジで?実際に4ヶ月試してみた36歳主婦の黒汁(kuroijiru)ガチヤバレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.